山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

50m 細岡の丘

初日の返しは細岡駅の先、犬が吠える脇を通って少し登ると開けます。

ここ暫くは積雪も無かったようなので、何も履かずにスパッツだけで登りましたが、立ち位置を探しにスノーシュー跡から一歩外れると股までズボッとはまり込み脱出不能に。
仕方なく体で転がりながら移動。
この時期はまだ雪が下までサラサラしているからなのでしょう。

新たな立ち位置を見つける場合はスノーシューが必要です。

と記録してみたもの来季以降はどうなることなのか・・・
現地でお会いした地元の方でもわからないようです。
20170206  50m  細岡の丘
撮影:2017/2/6 釧網本線 細岡-釧路湿原 SL冬の湿原号

標茶での様子↓
20170206 25m 標茶1
給水の様子




20170206 25m 標茶2
2000年からの運行、もう17年目だったんですね。
前回の検査は平成25年10月
次はどうなるのでしょう・・・


20170206 25m 標茶3
釧網本線 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<80m 新夢ヶ丘 | ホーム | 60m 塘路>>

コメント

二日間 お疲れ様でした。
自分のたち位置から、雲海さんの所まで、
体力が続かなかったです。
強風でしたね!
待ってる間 指の感覚が無くなり、
シャッターが押せるか不安でした。
今日は足の筋肉痛が…😫
2017-02-08 Wed 11:39 | URL | Ge [ 編集 ]
Geさん
お疲れ様でした。
羽田に到着して機体を確認してあまりに小さくてびっくり。
機内ではアルコールも廻っていてグッスリでしたが、目が覚めました。

まだ筋肉痛が出ませんがこれからかな・・
2017-02-08 Wed 11:48 | URL | 雲海の星 [ 編集 ]
13年ぶりですか〜
こちらは昨年欠席したもので2年ぶりの湿原号となりました。
3・4日の二日間でお天気にも恵まれ湿原号を上下4本、他に根室本線でキハも朝な夕なに出かけ
メインはDC、おまけにSLって感じ出来に頭を掻いてます(笑)

全般検査は今年10月が期限です。得意の特別休車をかけていれば検査期限は延長されます
ただ、中間検査は苗穂で施行されますがC軸固定の車両を本線甲種回送は為らぬとの内規が発せられ
釧路からトレーラーによる陸送(戻りも同様で往復)となり、そんな経費を今のJ北が計上するだろうか?
更には客車の検査修繕も必要。それと運行に携わる人達の現場離脱云々とか、
様々なマイナス要因が聞こえて来ますので専ら今年が最後との予想が出ているようです。
まあ、あくまでも予想であり正式発表じゃ無いですから来季もと期待したいですね。
2017-02-08 Wed 18:12 | URL | ひぐま3号 [ 編集 ]
ひぐま3号さん
DCといえど根室本線も余裕があったら行けばが良かったと猛反省。
ヘロ隊も年のせいか日中の雪山歩きで疲れてしまい、ホッケやらタラバやら食べることばかり考えておりました。

罐もなかなか厳しい状況下に置かれているんですね。
自分のところの線路上を回送できないなんて・・。
色々な問題はあるかとも思いますが、回送がダメなら自走することはできないのかな・・
2017-02-08 Wed 21:18 | URL | 雲海の星 [ 編集 ]
もう一つの内規がありまして
特急走行区間に入線NGとのことで、函館大沼号、ニセコ号やツーリスモの団臨などが消滅。
特急の走らない釧網線オンリーという事で釧路に幽閉されたのでした。
2017-02-08 Wed 22:36 | URL | ひぐま3号 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |