山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

497m 豊美発電所2

12日のつづきです。
ネタ切れにつき、同じ立ち位置での更新となってしまいました。

この時の良かったのは陽の下での阿賀野川の色だけ。
良くないのは水量が少なめ、煙はもう少し欲しかった。

さてさて次はどうなることか・・
20160612  497m 豊美発電所2
撮影:2016/6/12 磐越西線 日出谷‐豊美 SL青い12系客車号

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

290m 焼山2

12日のつづきです。
この立ち位置からは駅進入のカーブも見えます。
停車時間は15分ですので20分以上は木にいたことになります。
都合よく2本の木に足を置いて上体を木に寄りかかった状態での撮影ということでしたので
そんなに苦ではありませんでした。

絵は津川駅停車中のもので罐は隠れて見えません。
麒麟橋に麒麟山、一番背後には兎倉山まで見えます。

この立ち位置はこの時期限定のようですね。
今月末近くは夏至となります。

撮影後は山の中は薄暗くなり、先ほど見たクマの糞はすでに乾燥していました。
ということはすぐ近くにいたようです。
行きと同じく沢をニ度渡り、車に戻って馬下の温泉に向かったものの、左足に違和感。
車を停めてズボンを脱ぐと、居ました。
山ビル2匹。
ナイフで持ち上げ、ライターでかなり炙ったら
何とか落ちてくれました。
20160612  290m 焼山2
撮影:2016/6/12 磐越西線 津川駅 SL青い12系客車号


津川駅発車直後↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

290m 焼山

12日のつづきです。
往路撮影後は前回林道の残雪で行くことのできなかった箕ノ輪山に来てみました。
立ち位置は一か所だけ確認できましたが、本日の目的はその隣の焼山です。

鉄塔がありますので道はあるかと思い、赤岩の集落を目指しましたが集落を越えた辺りで道がシャットアウト。
私有地か工場敷地内のようで入ることができず、反対側の揚川ダム側からの林道終点よりスタート。

林道途中では猿の一団と遭遇。
登山道らしきものはあり、ロープや鎖までありました。
二度程の小さな沢越えにクマの真新しい糞やらで何となく意気消沈気味でした。
立ち位置は鉄塔真下から何とか抜ける程度。
時間がありましたので周辺を探すも抜けはありません。
止むなく抜けのありそうな木に登ることに・・
20160612  290m 焼山
撮影:2016/6/12 磐越西線 津川‐三川 SL青い12系客車号

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

497m 豊美発電所

昨日は朝から暑い中、豊美の山中を歩き廻ってみましたが目的の立ち位置は見つかりませんでした。
ロケハンは緑の薄くなった秋、もしくは雪のある季節でないと厳しいです。

一汗掻いてしまいましたので往路はお手軽な俯瞰、昨年のリベンジでもあるこの立ち位置。
後ろの山々には雲が掛かってしまいました。
初夏としてはごく普通の絵となってしまいました。
次は秋かな・・
20160612 497m 豊美発電所
撮影:2016/6/12 磐越西線 日出谷‐豊美 SL青い12系客車号
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

370m 只見眼鏡橋2

只見線試運転のつづきです。

3.5‰登り勾配にある早戸を通過し、
第三沼田街道架線橋をくぐってしばらくすると絵の位置となります。
ここは13‰の登り勾配。
すぐ脇の沼田街道では制限速度にて走行する自動車のタイヤから発せられるカントリーロードの曲が聞こえてきます。

そして、この後メガネ橋から25‰の登り勾配が下大牧トンネル入口サミット近くまで続きます。
コンクリート製のメガネ橋、正式には細越橋梁(69m)と呼ぶようです。

20160526  370m 只見眼鏡橋2
撮影:2016/5/26 只見線 早戸-会津水沼 SL只見新緑号試運転

只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

831m 三坂山

只見線試運転のつづきです。

12‰の下り勾配の第一只見川橋梁を渡るとすぐに名入トンネル。
トンネルに入ると5‰の下り勾配。
そのあとトンネルを出て西方駅通過後まで3‰の登り勾配となりますが、
この日は煙はありません。
秋は爆煙だったんですが・・

この立ち位置、電波だか電気の反射板が設置されていますが、
こうして見るとほぼ三島町全域をカバーしているようです。
20160525 831m 三坂山2
撮影:2016/5/25 只見線 会津桧原-会津西方 SL只見新緑号試運転

只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

410m 大志

只見線試運転のつづきです。

このシリーズ引っ張って10日目です。
ネタは遂に昨日更新の立ち位置と同じとなりました。

絵の方は、会津川口発車の汽笛が山々に反射して響き渡って、
しばらくして8‰を快適に登って来たところです。
この先、第五沼田街道跨線橋をくぐると25‰が待ち構えております。
ここはその助走段階ですね。
風もなく水鏡も出ていたのですが・・
20160525 410m 大志
撮影:2016/5/25 只見線 会津川口-会津中川 SL只見新緑号試運転

只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

410m 大志

只見線試運転のつづきです。

久々の連続更新ですが、ネタ切れとならないように小出しに。
ここ近年通い続けてる場所ですが、こんな煙が薄いのは初めて。
往路での三坂山登山の直後だけにもうどうでもいい状態でした。

手前の杉木立と水量の完全復活した只見川、その先に大志集落、そして丘の上を罐がいい音を響かせて登って行く。
見ているだけでも満足な立ち位置でございました。
次回はじっくり、動画での記録もしておこうかな・・
20160525 410m 大志3
撮影:2016/5/25 只見線 会津川口-会津中川 SL只見新緑号試運転

25‰を登る罐↓
続きを読む
只見線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

340m 名入

只見線試運転のつづきです。
試運転最終日の返しは三日間の締めくくりなどとは到底言えないお手軽な場所でした。
前日の三坂山への山登りが影響したこともありますが、
3日も撮ったことですし、もういいかな~、
そんな気持ちが罐に伝わってしまったかの如くの結果でございました。
20160526 340m 名入
撮影:2016/5/26 只見線 会津宮下-会津西方 SL只見新緑号試運転

宮下交換のDC↓
続きを読む
只見線 | コメント:1 | トラックバック:0 |

265m 第一橋梁

只見線試運転のつづきです。
初日の一本目はここ第一橋梁。
この絵は朝9時ごろの風景画像に実際にきた罐と編成を合成させてものです。
もちろん水鏡も合成です。
20160524 265m 第一橋梁2
撮影:2016/5/24 只見線 会津桧原-会津宮下 SL只見新緑号試運転

実際の絵は↓
続きを読む
只見線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |