山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

580m 只見 要害山

23日のつづきです。

2011年から5年越し、やっと念願が叶いました。
朝は重い雰囲気の空模様でしたが、昼近くなってからは青い空も見えてきて陽まで差してくれました。
完璧な光線具合とばっちりなタイミングで撮影できたせいか、帰りは足取りも軽く30分ほどで叶津の神社脇に降りてきました。
下りはバランスよくストックを使い、水分の含んだ重い雪を上からスノーシューで押しつけながら滑り降りるといたって楽です。
これが夕方、冷え込んでくると固くなり、アイゼンが組み込まれたスノーシューといえども滑ってとても危険です。
その後は只見駅にて休憩し、夕方6時前には自宅に帰ってきました。


20160223 580m 只見 要害山
撮影:2016/02/23 只見線 会津蒲生‐只見


続きを読む
只見線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

650m 只見要害山

23日のつづきです。
只見からの返しは到着から15分後。
この時間を利用してピーク南の尾根を少し下がってみることにしました。
予想通り、只見川の先只見湖を望むことができる立ち位置がありました。

絵の方は只見駅を定時9:30に出た2423D
遠く会津朝日岳も見えてますが、列車は豆粒です。
新潟色と呼ばれている気動車のようですが、溶け込んでしまいます。

さてこの後はいよいよ本命に向かってスタート。
今降りてきたばかりの尾根を登って705mピーク迄戻り、そこから叶津方面にあるピークを越へ叶津番所を見下ろしながら尾根を少し下がると目指す立ち位置です。

20160223 650m 只見要害山
撮影:2016/2/23 只見線 只見ー大白川
続きを読む
只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

705m 只見要害山

本日は早朝より只見へ行ってきました。
どうしても行っておきたい所がありまして・・

絵の方は小出からの一番列車2422Dが到着するところです。
只見駅着 9:15

朝7:30に只見高校裏の林道より登り始めて立ち位置には9:00に到着。
まだ気温が低く林道上の雪も固く歩きやすかったので助かりました。
それでも久しぶりの山登り、出だしの30分はきつかった。
休憩も10回以上したかな。
600mくらいからは新設も5センチほど積もってました。

雪の量は極めて少なく、途中の田島辺りはもう春の雰囲気でした。
よって今回は会津川口方面はパスしました。
20160223 705m 只見要害山
撮影:2016/02/23 只見線 田子倉‐只見
只見線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

450m 蒲生2

2011年3月8日のつづきです。
会津蒲生駅を出るとしばらく20‰の勾配です。
2両のキハは宮原の集落に向かって大きく左に回り込みます。
只見川対岸には鷲が倉山と右手に巻の沢が見えてます。
この年の1月4日に巻の沢より山に入ってますが吹雪いたため途中で降りてきました。

ここで列車が走らなければもう二度と登ることは無いのであろう。
20110308  450m 蒲生2
撮影:2011/3/8 只見線 会津蒲生‐会津塩沢
続きを読む
只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

450m 蒲生

2011年の冬は只見に3回訪れています。
その3回目の3月8日、この日の当初の目的は叶津より要害山に登ることでした。
しかしながら以前からの腰の痛みが徐々に厳しくなってしまい、諦めてお手軽な立ち位置となりました。
そしてこの年の7月27日~30日、新潟・福島豪雨被害により現在はここに列車が走ることはありません。
少し我慢してでも行っておけば良かった、と後悔しきりでございます。

絵は蒲生川橋梁を渡り、間もなく会津蒲生駅到着の2両のキハ。
この後は蒲生岳の麓を回り込んで只見川と合流です。

後日、腰の痛みの原因がわかりました。
何と「尿管結石」。
明け方に激痛で病院に駆け込みました。

20110308  450m 蒲生
撮影:2011/3/8 只見線 只見‐会津蒲生
只見線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

320m 天狗岩

2月に入ったら降雪状況を見て只見の山に登ろうかと計画しておりまして、
本日その条件が揃ったものの、数日前に右足首を痛めてしまいまして延期せざるを得なくなりました。
来週条件が揃えば再チャレンジです。
目的は雪山登りです。

絵の方は5年前たまたま除雪車を会津宮下駅で見かけたので追っかけてみた時のものです。
この車両はこの時は会津川口に常駐されていたもののようです。
会津宮下駅にも1両もっと大きめのものがおりましたが、この日は稼働しておりませんでした。

20110202  320m 天狗岩
撮影:2011/2/2 只見線 会津宮下‐早戸 除雪車
続きを読む
只見線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |