山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

920m 見晴らし上5

10月28日のつづきです。
安中を出てから横川到着まで約35分間の撮影。
その殆どを捕捉できます。
見晴は表妙義、白雲山の尾根の岩場で裏妙義の懺悔岩をもっと細長くした感じですが、ここは見晴からまた鎖場を上がった岩場でやはり風の通り道です。
夏は気持ちのよい場所ですが、これからはとても厳しい場所です。

今月も最後となりましたので、一気に西松井田過ぎまでをご覧くださいませ。
20141028 920m 見晴らし上 (5)

20141028 920m 見晴らし上 (6)

20141028 920m 見晴らし上 (7)

20141028 920m 見晴らし上 (8)

20141028 920m 見晴らし上 (9)

信越本線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

920m 見晴 上4

10月28日「SL群馬県民の日号」のつづきです。

寒い北風の吹き上がる崖の上から
安中を発車してしばらくすると捕捉できました。
バックは高崎の街のようですが、線路までは見えないようです。

撮影:2014/10/28 信越本線 安中-礒部
20141028 920m 見晴らし上 (4)

信越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

920m 見晴 上

昨日は表妙義に隊長とロッククライミングをして来ました。
昨年の夏に同じ場所に来ましたが、行きはほぼ同じコースタイムで行くことができました。
しかしながら撮影後の帰りはコースからはずれてしまい、大変疲れた半日となりました。
帰りのコースを行きと変えて「辻」から第一見晴らし経由としたのですが、ガレ場でコースからはずれ、数メートル落下の滝にぶつかってしまい、仕方なく来た道(崖の岩)を戻ったりという荒修行までやってしまいました。

そんなことに加えてD51の真夏の煙は何だったのか!と思うほどの昨日の煙のショボサが全てを語ってくれました。

本来であれば10月中旬に更新できたはずなのですが、台風19号により八郎潟での俯瞰を断念せざるを得なくなりました。
今月はワースト記録となりそうです。

撮影:2014/10/28 信越本線 西松井田-横川
20141028 920m 見晴らし上

続きを読む
信越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |