山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

185m 麒麟山2

23日のつづきです。
麒麟山からはカメラ2台でこちらの絵は三脚を使用しての撮影です。
色温度を調整しましたので24日に更新しtものとはかなり雰囲気が変わってきています。
季節感はありませんが、ここの煙はいつもお気に入りです。
20140923 185m 麒麟山2m

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

180m 麒麟山

23日のつづきです。
麒麟山からの最後はたなびく白煙で締めくくる予定でしたが、この日は暑くて期待通りとはなりませんでした。
ここも9月の中頃で再度挑戦してみたい場所です。
帰りは整備された階段道とはいえ森の中、柏手を打ちながら足早に下りました。
(長年使用したクマ鈴は引入沢山にて紛失したため)
20140923 180m 麒麟山m
撮影:2014/9/23 磐越西線 津川-三川
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

420m 引入沢山

順番が逆となりましたが23日の往路はここ引入沢山からです。
460.9ピークから東に少し行った尾根の分岐から北尾根を降りた方向が立ち位置ではあったのですが、
この時はちょっと冒険をしてみたくなり、反対の南尾根を降りて縦走を試みました。
踏み跡も全く無いので厳しいかな・・・
やはり100mほど下った辺りでストップ。
岩場の崖となってしまいました。
尾根からはずれれば行けるのかもしれませんが、単独行なのでここまで。
と寄り道をしていたらセッティングの時間も無くなり、手持ち勝負となってしまいました。

絵の方はご覧の通り、すでに稲は刈られてました。
今度は何年先になるのか・・9月中頃に来なくてはなりません。
20140923 420m 引入沢山
撮影:2014/9/23 磐越西線 鹿瀬-日出谷
memo P~90分
続きを読む
磐越西線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

185m 麒麟山

昨日は2年ぶりの麒麟山に登ってみました。
麒麟山公園とは言うものの最近は全く管理されていない東側からのアタック。
入口案内地図は塗り替えられていて西側からの案内のみとなっていました。
駐車場から登り口までの砂利道は人の手が入っておらず、身の丈ほどの草が埋め尽くしておりました。
午前中での引入沢山での疲れがここでドッと出てきたようで、足取りも重く、陽が傾き始めてはいるもののちょうどその斜光線が眩しくたびたび足をとめ休憩。
それでも尾根に出て廻りが開けて来ると風も感じて爽快に。
やせ尾根の縦走終わりに近づくころになると低空飛行のヘリの爆音。
左眼下の川岸に救急車が2台、そこに先ほどのヘリが着陸。ドクターヘリです。
そんな様子をしばらく見ていたら数m先が立ち位置でした。
完全に陽が落ちての状況を見てみたいと来てみましたが・・・次はもう1週間早めに来てみたいものです。

20140923 185m 麒麟山
撮影:2014/9/23 磐越西線 鹿瀬-津川
磐越西線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

300m 舘原を俯瞰b

ばんえつのつづきです。
杉の木の成長は早いですね。どんどん伸びてきてしまいました。
この場所はこれで最後にします。

今月はまた行けるチャンスがあります。
日出谷や鹿瀬辺りを狙いに行きたいと思っております。
20140907  300m 舘原を俯瞰b撮影:2014/9/7 磐越西線 山都-荻野

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

300m 舘原を俯瞰a

ばんえつのつづきです。
往路を阿賀川を挟んでの下川井集落上で撮影後は炎天下をテクテクと駅方向に一時間半かけて歩きました。
昼は踏切近くのほがらか食堂で、のんびりしていたらいつの間にか返しの一時間前。
返しは舘原を俯瞰。
またもや時間が無い。
今にもつりそうな足ではありましたが、何とか10分前には立ち位置の崖下道路に到着。
この後が大変ではございましたが、ご覧の通り撮影完了となりました。
20140907  300m 舘原を俯瞰a撮影:2014/9/7 磐越西線 山都ー荻野

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

300m 下川井

順番が逆になりましたが、これを撮るために山都駅から頑張ったわけですが、この暑さでは煙はこんなもんですね。
想定はしていたもののやはり涼しい時期がいいです。
18キップ残り4の内の1を消化しました。

20140907 300m 下川井a
撮影:2014/9/7 磐越西線 荻野-山都
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

300m 下川井

真夏にここに来る計画でしたが、悪天候やら中止と色々あってやっと来ることができました。
3221D快速「あがの」で山都駅に11:28に到着。
はじめはタクシーでも利用するかと考えていたのですが、いつもいるはずのタクシーがこの日はおらず。
頑張れ!ということなんだなということで小走りに目的地を目指しました。
駅前ロータリーから道路に出てふと駅方向を振り返るとタクシーが到着したところでした。
気持ちよくスタートしてしまったので戻る気もおこらずだめもとで挑戦してみました。

9226レが舘原通過するのが12時35分頃、1時間ちょっとしかありません。
真冬に一度このパターンで挑戦し、ギリギリセーフ。
真冬は雪があってブッシュも埋まっていて登りやすいが真夏は身の丈ほどの藪こぎ。

結果は12時22分に到着。
炎天下ながらも小走りの成果でございました。

このパターンでまだ数年はいけそうかな・・・

さて絵の方ですが、ここからは晩夏らしい黄金色は右下にちょっとだけ。
罐は真っ黒の煙を吐き出し存在感はあるのですが・・

20140907 300m 下川井b
撮影:2014/9/7 磐越西線 山都-喜多方












MEMO 自宅3:50 大宮 5:00
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |