山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

70m 西大原2

100Dを上総東寄りの伐採地で撮って大原での折り返し20分を利用していつもの立ち位置へ。
暑さで登る足もペースダウン。
鉄塔までは難なく登れましたが、そのあとが大変。
汗はダラダラ、息は切れるし足はつりそう。
立ち位置に着いてすぐミニ扇風機を取り出して木陰で涼みます。
時折、雲に陽が隠れると後の森から涼しい風が吹きあがって来て徐々に汗も引いてきました。
そして田んぼの中から踏切の音がかすかに聞え、間もなく101Dがやってきました。

予定では本日は18キップでの「ばんえつ」山登りのはずでしたが、中止してよかったようです。
そろそろ夏の山登りは厳しくなってきたようです。
20140816 70m 西大原2
撮影:2014/8/16 いすみ鉄道 西大原-上総東
いすみ鉄道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

70m 西大原

盆休みに初めて出かけることができたたのが、いすみ鉄道。
正月以来の対面でした。
予定では「ばんえつ」であったのですが、お家の事情により急遽千葉の先端に行く用事ができ、ついでに寄ってくることとなりました。
朝一番のキハでしたが、逆光でしたので曇って良かったようです。
稲の刈取りも所々で始まっていました。

もし「ばんえつ」に行っていたらもう立ち直ることができないところであったかもです。
それにしても千葉は暑くて暑くて、ほんの50mの山登りでしたが山の上に着いた時には筋肉痛と立眩みが・・

20140816  70m 西大原

いすみ鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

240m 凌沢

7月30日のつづきです。

鬼が沢橋梁を撮って大急ぎで陸中大橋駅に戻らねければなりません。
列車による追っかけです。
とは言えこの暑さの中、陸中大橋駅発車まで40分しかないので半分は諦めながらも小走りに林道を下って行きました。
最後は、靴下まで脱いで川の急流を渡り、駅に着くと5分前。
息を整える時間までありました。

さて絵の方ですが、罐は柏木平を通過して鎖沢トンネル前の24‰の勾配ではあるのですが、ここも真夏のドスカでございました。
撮影後は3626D快速はまゆり6号で盛岡までと予定していたのですが、待合室前で釜石のご同業の方に通過であることを知らされ愕然としておりましたが、下り列車で一つ先の鱒沢に行き、ここで上り快速はまゆり6号に乗り換えることができました。(持参したダイヤの表示の仕方に工夫が必要のようです。)
20140730 240m 凌沢
撮影:2014/7/30 釜石線 柏木平-宮守
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

450m 甲子町c

30日のつづきです。

下り645Dとの交換と10分の停車を終えて罐は真っ黒の煙を立ち上げループ形状の第二大橋トンネルに向かって行きました。
20140730 450m 甲子町c
撮影:2014/7/30 釜石線 陸中大橋-上有住
続きを読む
釜石線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |