山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

360m 尾登駅俯瞰2

桜のあとの新緑はどうなのかな・・・
GWの最後あたりで何とかここに行ってみたいと思います。(きっと晴れることと思いますが、)

120321  360m 尾登駅俯瞰2
2012/3/21撮影 磐越西線 尾登駅
磐越西線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

300m 下川井

13日のつづき
返しはここ一の戸橋梁、長さが455mもありますので存在感は充分です。
この一分程前までは雲の影の中でしたが、ヘロ隊久々の3人で肩を並べての撮影、緊張感が良かったです。

煙は3.8‰の下りですがチョロチョロと出ています。
後追いではありますが、9226レを気温が低くて風の無い晴れた日と三拍子揃った時に撮ってみたいところです。
130413\300m 下川井
撮影:2013/4/13 磐越西線 喜多方-山都

磐越西線 | コメント:6 | トラックバック:0 |

340m 大芦

13日のつづき

三川での山登りの次は高速利用で楽々間に合ってしまう
お手軽な俯瞰でもありますここ尾登駅の逆光俯瞰です。
せっかくの煙も線路端ではかなり風があったようです。
気になるのはこの順光側のまだ雪の残るお山です。
そのお山、次の機会 田んぼに水が入ったら再挑戦です。
130413\340m 大芦
撮影:2013/4/13 磐越西線 尾登
続きを読む
お手軽俯瞰 | コメント:3 | トラックバック:0 |

260m 三川 2

13日のつづき

前回ここに来た時と同様、
C57はR49号を潜った辺りから煙が出始め、三川駅到着寸前までこんな煙が出ておりました。
130413\260m 三川 2
撮影:2013/4/13 磐越西線 五十島-三川
続きを読む
磐越西線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

260m 三川

先週の日曜日は強風によるウヤとなりまして何とか休みをとってのリベンジにやってきました。
早朝の会津盆地は晴れ上がって最高の感じでしたが、新潟県に入ると一気に厚い雲。
登り始めは雨、それでも少し回復してくれましたが、また来なければなりません。ア~ァ
130413\260m 三川

磐越西線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

184m 朝生原

4月6日のつづき
小湊では菜の花もそろそろ終わりに近づいていました。
昨日か今日あたりが新緑の見ごろではないかと思いますが、この日は何とか山桜を見ることができました。
20130406 184m 朝生原
撮影:2013/4/6 小湊鐡道 養老渓谷-上総大久保
小湊鐵道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

70m 西大原

昨日のつづき
小湊の次はいすみ。

鉄塔のあるはげ山が何と!
伐採が進んでピークまで下から開けて見えます。

一年振りにウキウキ気分で地主さんに一声掛け、登り始めました。
昨年の今頃はこの山の上でもまだ菜の花が咲いておりましたが、今年はもう終わりでした。
20130406 70m 西大原2
撮影:2013/4/6 いすみ鉄道 西大原-上総東
続きを読む
いすみ鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

185m 朝生原

本日のばんえつ物語号は強風により運休とのJR東日本新潟支社からの情報がありました。
楽しみにしてはいたのですが、これでは仕方がない。

絵の方は昨日の小湊です。
今年の桜はあまりにも早すぎてスケジュールが合わず、どこにも行くことができませんでしたのでせめて新緑でも、と来て見ました。

20130406 185m 朝生原
撮影:2013/4/6 小湊鐡道 上総中野-養老渓谷


続きを読む
小湊鐵道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

590m 亀割山2

2日のつづき 
東長沢-瀬見温泉間でのほぼ定刻通りでの撮影を終えた後、カメラを120°東に振ると今度は大堀-最上間の撮影ができます。
ところが試運転列車は予定時刻になっても現われません。
ほどなくして眼下の瀬見温泉駅発車の汽笛。
7分ほど遅れて発車したようです。

絵の方は大堀を通過し白川橋を渡り切った辺りで勾配もレベル。
白煙が棚引いております。
最上のバックは禿岳(かむろだけ)・小柴山・大柴山かな・・1000mクラスの山々です。
この中でも大柴山には大変興味がございます。
C58239が復活したら登ってみたい山です。(殆どがゴンドラに乗ってますが)
 
130402 590m 亀割山2
撮影 2013/4/2 陸羽東線 大堀-最上
陸羽東線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

590m 亀割山

ヘロ隊の大井川花見の会が順延となりまして、本日はまたもや隊長と山登り。
まだ1m以上もの積雪のある新庄市と最上町の境にある亀割山ではまだ春は遠いようでした。
早朝、瀬見温泉口に到着すると気温は氷点下、雪はガチガチに固まっています。
予備にアイゼンを一個多く持ってきておいて大正解。

雪が無ければ75分の道程、久々にカメラ2台に三脚、スノーシューやら防寒着から万全な状態でのスタートでしたが、雪で埋もれた登山道は全くわからず。
結果、5分前の到着でカメラ1台で何とか撮ることはできました。
久しぶりにC11の雪景色を堪能できました。
130402 590m 亀割山

陸羽東線 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |