山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

540m 巻の沢上

今日は団臨があればな~、秩父に行ってたのですが。
今年もまた秩父の桜はおあずけ。

さて写真の方は去年の新緑只見です。
右下の鷲が倉山麓では眩しいほどの新緑でしたが、それとは対照的に正面戸屋山ではこれから。
残雪まであります。
只見の山々は近くでもこんなに違いが出るんですね。
蒸機は何ともバックの深緑に埋もれてしまって、何とか出ているであろう煙まで埋もれてしまって。
でもここもこの辺りからのブラスト音はいいんですよ。
110517 巻の沢上
2011年5月撮影 只見線 会津大塩-会津蒲生
只見線 | コメント:4 | トラックバック:0 |

390m 大志

今日は冬に戻ったのでは、と思う位寒かった。
こんな状況であればこそ各地の蒸機の煙は良かったかな。

写真のほうは2007年5月の只見です。
只見の5月となると晴れれば気温も上がり、スカとなるであろうけれどこの時は行きは雨、午後からは雨も上がり、良い白煙となりました。

ここのブラストと汽笛は最高です。
また秋に聞けたらいいな~
070515大志
2007年5月撮影 只見線 会津川口―会津中川
只見線 | コメント:8 | トラックバック:0 |

450m 綾戸ダム

17日上越返しのつづき

上越線の中ではここ岩本-津久田間の崖下と利根川に挟まれた峡谷が一番好きです。
ところがなかなか光線状態が厳しい場所でもあります。

学生の頃ですが、この峡谷で大きな岩が線路に落ち、そこに下り急行佐渡が突っ込み、列車の一部が国道17号まで転落。
この事故の前にこの運転士は上り列車乗務時に岩本駅手前の日発踏切で幼児を跳ねた人身事故を起していたのであります。
その「たたり」ではと新聞記事にあったと記憶しています。
人身事故を起こしても継続で乗務しなくてはならないんですね。

実は、この人身事故を起した列車に私は乗っていたのです。
翌日事故をニュースで知って私もゾッとしたことを覚えております。
120417綾戸ダム02
2012年4月17日撮影 上越線 岩本-津久田
お手軽俯瞰 | コメント:2 | トラックバック:0 |

450m 綾戸ダム

予定では本日は信越線。タイトルは「900m 裏妙義」ということでしたが、何と890mのところでウヤの連絡・・・

昨日の上越の返しですが、煙は無いことですしついでにということで行きの近くでお手軽に。
お昼の水上では雷と共に雨でしたが、沼田を越えると一気に晴れてしまいました。
この場所は国道17号から正面に見えるので、いつかは来て見ようと思っていた場所です。

それにしてもこんな時に煙が出るなんてと思ったりもしたのですが、線路勾配は岩本駅を出て少し下りがありますが、その後上野踏切より500m程レベル、その後400m程5‰の登りとなってます。
ちょうどこの登りの辺りで煙が出ているようです。
綾戸ダム01
2012年4月17日撮影 上越線 岩本-津久田
お手軽俯瞰 | コメント:0 | トラックバック:0 |

400m 棚下正面

5、6年前に下見をして以来忘れかけていた場所でしたが、C61の復活とともに思いだしたものの、なかなか来るチャンスに恵まれず、やっと来ることができました。
今日は試運転ということでヘッドマークは無し。正面狙いにはもってこいとは言えこんなに引いてしまえば関係ないようです。
桜は咲き出してはいますが、ガスってしまって色が出ていません。沿線では岩本を過ぎると全く咲いておりませんでした。
120417棚下
2012年4月17日撮影 上越線 津久田-岩本
お手軽俯瞰 | コメント:0 | トラックバック:0 |

300m 第一橋梁 俯瞰

4月10日の続き

この日は気温も20度を超え、シャツ1枚でも汗ばむ陽気となりました。
おかげで煙の方はここ第一橋梁でも殆どありません。
川根温泉が火曜日はお休みということで、線路端にはだれもいなかったようです。

以前ここに来た時は笹間渡駅横の尾根より登って来ましたが、これから夏に向かってはかなり遠回りですが、尾根より登ってきた方が無難なようです。
120410第一橋梁俯瞰
2012年4月10日 大井川鉄道 抜里-笹間渡温泉
大井川鐵道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

300m 抜里 俯瞰

天気予報では本日10日の大井川は晴れ、そして明日11日の秩父は雨。
結論は言うまでも無くということで。

川根温泉の直ぐ上からの撮影です。
家山の桜は散り始め、ここ笹間渡もかなり散ってしまいましたが抜里はちょうど満開かな。

ここまで来るための林道は新たな倒木と土砂崩れにより101レの約50分前の9レで来たものの目的地到着はギリギリでした。

現地は以前来た時とは状況が変わっており撮影場所を少し移動せざるを得ないこととなりました。
また新たに土砂崩れを起こした場所はこれまた新たな撮影地となりそうです。

煙が欲しかったな~
今度来る時は1001レが運行の時かな。
120410抜里俯瞰
2012年4月10日 大井川鉄道 家山-抜里
大井川鐵道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

195m 朝生原 俯瞰

4月8日は午後からは小湊鉄道に移動。
午後の光線下で以前より撮ってみたかった場所です。
早朝とは全く表情が違い、とても新鮮な気持ちで撮ることができました。

さすがに休日、昼の運用で3両とは。
120408小湊02
2012年4月8日撮影 小湊鉄道 養老渓谷-上総中野

小湊鐵道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

45m 西大原

4月8日のいすみ鉄道
いすみ鉄道では昨年の春よりキハ52の運行を始め、それと共に私も撮影に来るようになりました。
この日は私一人で独占。ここの主人は下で芝のお手入れ中。
菜の花が山一杯に咲いていました。ここの主人が育てているのでしょう。

遠く青く見えるのは太平洋。まだこの時期にしかこの海の色を見ていない。
120408いすみ
2012年4月8日撮影 いすみ鉄道 西大原-上総東

いすみ鉄道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

360m 尾登駅俯瞰

3月21日の返しは初めからここ尾登駅の俯瞰と決めてました。
林道松尾線の神社までは車で行けます。そこからはスノーシューとなりますが、意外と林道がクネクネしていて登り口まで1時間程もかかります。
その後は林道から撮影場所まで30分程で登れますが一部沢があるのでこの時期、表面は雪でもその下が空洞となっていることもあり、慎重に登る必要があります。

撮影場所到着時はSL通過まで30分以上もあり、徐々に気温が下がり始めたこともあり体が冷えてきました。
ホカロンをつま先と腰に貼って、ポケットにも2個入れて温まりましたが、如何せん山全体がゴーゴー唸るほどの強風。
こんな時に限ってC57も定刻には来ません。
結局40分近くも遅れてきて陽も陰ってしまいましたが、まずは撮れただけでも良かったかな・・
120401\尾登駅俯瞰
2012年3月21日撮影 磐越西線 尾登駅


冬登山 俯瞰 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>