山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

440m 唄貝2

24日のつづきです。
赤い橋梁に白煙までは良かったのですが・・
今度は新緑の時期に!
と思うものの釜石の日帰りは厳しいな・・
泊まりで土日連続となるともっと厳しいところです。となると無理か。 
20151224 440m 唄貝2
撮影:2015/12/24 釜石線 陸中大橋-上有住
続きを読む
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

420m 唄貝

24日の「SL銀河クリスマストレイン」 1本目は林道より少しだけ上がった場所。
晴れると御覧の通りのド逆光。
(絵の方はかなり手を加えております。)
実はこの場所に来る前に鬼が沢橋梁の立ち位置を確認していたところ、何とクマさんに遭遇。
その距離4mほどでしたが、窪みの中で丸まって冬眠中のためクマ鈴を鳴らしていましたがビクともせず。
標高500mほどの位置でした。

20151224 420m 唄貝
撮影:2015/12/24 釜石線 洞泉-陸中大橋
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

440m 唄貝

今年初めての釜石線が24日、本年ラスト運行の「SL銀河クリスマストレイン」となりました。
隊長と運転を交代しながら、日帰りでやっと行ってきました。
一番の目的はここ赤くなった鬼が沢橋梁でしたが何とこの時期、半分は日陰。
めずらしく晴れてしまいました。
20151224 440m 唄貝
撮影:2015/12/24 釜石線 陸中大橋-上有住
釜石線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

760m高清水山

東北遠征 釜石線のつづきです。
ここ山の上では雪がちらつく中での撮影となってしまいました。
罐は遠野駅を発車しましたがせっかくの白煙も市街地ですと全く目立ちません。
20141103 760m高清水山
撮影2014/11/3 釜石線 遠野-綾織
続きを読む
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

520m唄貝

東北遠征、釜石線11月3日のつづきです。
ここは風の通り道のようで下から吹き上げてきます。
時折ゴーッ、ゴーッ、と凄まじい音がするたびにどきっとします。
一瞬、クマが吠えたのかと思ってしまうのです。
この日は気温も低く、白煙がよく出てました。
20141103 520m唄貝
撮影:2014/11/3 釜石線 洞泉-陸中大橋
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

520m唄貝2

東北遠征の初日、11月3日です。
前日の仕事を終えてから夜通しかけてやってきました。
唄貝のバス停付近では今年はクマがよく柿を食べにくるとのことで、地元の方が気を付けてと言っておりました。

この立ち位置は2012年の初夏と殆ど同じです。
伐採地ではあったのですが、2年前はどこでも撮影できたのが、今ではかなり狭まってきています。
ここから尾根に出ると鬼ヶ沢橋梁を狙えるのですが、今回は欲張って尾根を登りその先をトラバースしたところ、気が付いたら橋梁を渡り初めていて間に合いませんでした。
釜石はまだまだ撮りたい場所があります。
雪とのコラボはあるのでしょうか・・・
20141103 520m唄貝2
撮影:2014/11/3 釜石線 洞泉-陸中大橋

釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

240m 凌沢

7月30日のつづきです。

鬼が沢橋梁を撮って大急ぎで陸中大橋駅に戻らねければなりません。
列車による追っかけです。
とは言えこの暑さの中、陸中大橋駅発車まで40分しかないので半分は諦めながらも小走りに林道を下って行きました。
最後は、靴下まで脱いで川の急流を渡り、駅に着くと5分前。
息を整える時間までありました。

さて絵の方ですが、罐は柏木平を通過して鎖沢トンネル前の24‰の勾配ではあるのですが、ここも真夏のドスカでございました。
撮影後は3626D快速はまゆり6号で盛岡までと予定していたのですが、待合室前で釜石のご同業の方に通過であることを知らされ愕然としておりましたが、下り列車で一つ先の鱒沢に行き、ここで上り快速はまゆり6号に乗り換えることができました。(持参したダイヤの表示の仕方に工夫が必要のようです。)
20140730 240m 凌沢
撮影:2014/7/30 釜石線 柏木平-宮守
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

450m 甲子町c

30日のつづきです。

下り645Dとの交換と10分の停車を終えて罐は真っ黒の煙を立ち上げループ形状の第二大橋トンネルに向かって行きました。
20140730 450m 甲子町c
撮影:2014/7/30 釜石線 陸中大橋-上有住
続きを読む
釜石線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

450m 甲子町

このまま行くと今月は更新ワースト記録ということでしたが昨日、釜石に急遽高速バスと18キップで行くことができまして記録更新とはならずにすみました。

花巻からは朝一番の下り列車に乗り込みました。
BOXシートに揺られそのままウトウトと寝てしまうかと思いきや、いつの間にか車窓より真夏の山々のチェックをしておりました。
かなりの乗客が遠野で降りて行くなか乗り込んでくる制服姿の女性、銀河のアテンダントさん達のようです。
まだ釜石での宿泊施設は整っていないようです。

目的地は陸中大橋。
冬場にチェックしていた場所です。
陸中大橋駅より鉄塔の方を見ると抜けているのがよくわかります。
しかしながら鬼沢橋梁の抜けがあるかどうかは登ってみないとわかりません。
先ず前半ということで陸中大橋駅到着の場面です。
駅直前まで25‰の登り勾配ですが、真夏のドスカです。(ハギレのいい音は響きわたっておりました)
20140730 450m 甲子町a
撮影:2014/7/30 釜石線 洞泉-陸中大橋


続きを読む
釜石線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

410m 鳥ケ沢01

復路のつづきです。
新日鉄釜石の工場屋根には「ようこそ鉄と魚とラグビーの街 釜石へ」とペイントがありました。
これって下界からは、はたして見えるものなのか?
今度確認してみたいものです。

三陸鉄道でも新型レトロ車両の試運転列車が釜石駅を発車したばかりのようです。

20140326  410m 鳥ケ沢01
撮影:2014/3/26 釜石線 釜石-小佐野
続きを読む
釜石線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>