山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りのメモです。

225m笹間川UP

2日のつづきです。

何とか木の上から間に合ったアップの絵です。
沿線では殆ど桜が咲いていなかったのでこちらに集中したようですね。
桜をはさんですごい数です。
20170402 225m笹間川2
撮影:2017/4/2 大井川鉄道 川根温泉笹間渡-地名

ここでの撮影後はこの橋梁に降りて行きロケハン実施。
お立ち台から背中の山々を見渡してみますと伐採地を発見。
返しはそこで撮ることに。
国道まで戻り直登しようと試みましたが、川があり渡れないため、一旦駅近くまで戻って登りました。
その結果はこちら↓
続きを読む
大井川鐵道 | コメント:6 | トラックバック:0 |

225m 笹間川

昨日のつづきです。
第一橋梁撮影後は五メートル程下がった所にある木にまた登らなければなりません。
ところが一本目の撮影後降りるのに思っていたより、もたついてしまいあせるあせる。
登るべき木も見失い、すでにC56もすぐ脇を通っています。
結果何とか橋梁直前で捉えることができましたが、
シャッターを押すだけとなりました。
木登りの追っかけはやめた方が良さそうですね。
225m 笹間川
撮影:2017/4/2 大井川鉄道 川根温泉笹間渡-地名
大井川鐵道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

230m笹間川

ここ何年か桜の時期の大井川に来ることは無かったのですが、
18キップを利用して来る方法を発見、さっそく来てみましたが・・・
桜はここ笹間渡まではどこも咲いていません。

川の中州から笹間川脇を登ってみました。
第一橋梁への抜けはピークにありましたが、ここはその途中。
木に登っての撮影です。

230m笹間川
撮影:2017/4/2 大井川鉄道 抜里-川根温泉笹間渡

アップはこちら↓
続きを読む
大井川鐵道 | コメント:3 | トラックバック:0 |

700m 倉平

本日は久し振りの大井川
メモを確認したら4年ぶりでした。
日本平、御殿場とファミリーモードでしたので往路1本だけの撮影でした。
気温が上がり白煙はありませんでしたが、オレンジ色に1両だけ他の客車が挟まれた編成が確認できました。
この日の富士山は一日雲もかからず視界良好であったようです。
伐採地で1橋を撮影してからの尾根沿い追っかけです。

20170215  700m  倉平2
撮影:2017/2/15 大井川鉄道 地名-塩郷

1橋の様子と後追いはこちら↓
続きを読む
大井川鐵道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

120m 神尾山

正月に購入した山登り用の靴の出番も無く、今季は一度もスノーシューを履くこともありませんでした。
何とも寂しい限りではございましたが、春もやってきたことなのでそろそろどこか出かけてみたいと思っております。

絵の方ですが、あれ!罐はと思われるかもしれませんが中央上部に霞んではいますがおりますよ~。



090401 120m 神尾山
撮影:2009/4/1 大井川鉄道
大井川鐵道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

300m 第一橋梁 俯瞰

4月10日の続き

この日は気温も20度を超え、シャツ1枚でも汗ばむ陽気となりました。
おかげで煙の方はここ第一橋梁でも殆どありません。
川根温泉が火曜日はお休みということで、線路端にはだれもいなかったようです。

以前ここに来た時は笹間渡駅横の尾根より登って来ましたが、これから夏に向かってはかなり遠回りですが、尾根より登ってきた方が無難なようです。
120410第一橋梁俯瞰
2012年4月10日 大井川鉄道 抜里-笹間渡温泉
大井川鐵道 | コメント:2 | トラックバック:0 |

300m 抜里 俯瞰

天気予報では本日10日の大井川は晴れ、そして明日11日の秩父は雨。
結論は言うまでも無くということで。

川根温泉の直ぐ上からの撮影です。
家山の桜は散り始め、ここ笹間渡もかなり散ってしまいましたが抜里はちょうど満開かな。

ここまで来るための林道は新たな倒木と土砂崩れにより101レの約50分前の9レで来たものの目的地到着はギリギリでした。

現地は以前来た時とは状況が変わっており撮影場所を少し移動せざるを得ないこととなりました。
また新たに土砂崩れを起こした場所はこれまた新たな撮影地となりそうです。

煙が欲しかったな~
今度来る時は1001レが運行の時かな。
120410抜里俯瞰
2012年4月10日 大井川鉄道 家山-抜里
大井川鐵道 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |