fc2ブログ

山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りの記録メモです。

中土

2009年の2回目の大糸線は3月4日でした。
予報通りで晩に積雪がありました。
この地域は山の上にも集落が健在で夜明け前より除雪がされてますので、車で登ることができます。
(当然ながらスタッドレスですが、チェーンも必要です。)

絵の方は墨絵ということで大変お気に入りです。
この新雪の雰囲気は他には米坂線でしか体験したことがありません。
もっとも、早朝に走る蒸機はどこもないのですから。

中土1
撮影:2009/3/4  大糸線 中土-北小谷 キハ52125

駅撮りはこちら↓
続きを読む
大糸線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小滝

2009年となりますと13年も前なんですね。
この年は冬場に米坂線3回、大糸線2回の計5回も雪山に出掛けてます。
4月には陸羽東線、まだ雪の残る奥羽山にロケハンと精力的に出掛けてました。

青空の下での雪景色はなかなか無かったようです。
私の撮影した写真の中では貴重な1枚です。

小滝2
撮影:2009/2/17 大糸線 小滝-根

駅撮りはこちら↓
続きを読む
大糸線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小滝

7月に入り暑さが落ち着きました。
と本来ならば逆なのですが
如何せん暑いので山には行けない為、過去のデータ整理です。

涼しい絵を探してきました。
雪景色に紅一点。
何とか走らないかな・・

小滝
撮影:2009/2/17 大糸線 小滝  キハ52156

駅撮りはこちら↓
続きを読む
大糸線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

当麻橋梁

調べてみますとこの立ち位置に来たのは約6年振りということでした。
登山道らしきものがある引入沢山と違ってこちらは藪漕ぎが必要です。
案の定今回もマダニにやられてしまいました.
これでマダニには5回目計7匹にやられたことになります。
当麻橋梁
撮影:2022/6/12 磐越西線 日出谷-鹿瀬 SLばんえつ物語号

平瀬の絵はこちら↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

平瀬

ここのところ引入沢山に登る機会が多くてこの立ち位置は何年振りか…
晴れると飯豊連峰も後ろに望むことができます。
今回は小雨程度を期待したのですが、なんと霧。
それでもホワイトアウトにはならず白煙も見ることは出来ました。
平瀬
撮影:2022/6/12 磐越西線 鹿瀬-日出谷 SLばんえつ物語号

手前での撮影は↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

尾登駅

晴れると行くところが無くなってしまいまして・・
それではと伐採地からお手軽に来れるだろうと思ったこの立ち位置。
春の試運転時は残雪の上を快適に歩いたのでしたが、今は藪と化してました。
予想通りではありましたが、罐はご覧の通りでしたのでまた来なくてはいけませんです。
尾登駅
撮影:2022/06/11 磐越西線 尾登駅 SLばんえつ物語号
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

須刈岳

すっかり緑も濃くなりましたが、またやってきました。
天気予報は雨模様でしたのでこれはチャンスということでしたが、なかなかうまく行きません。
この時期の田んぼは色々な表情がありますね。
須刈岳2
撮影:2022/6/11 磐越西線 徳沢-上野尻 SLばんえつ物語号




磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

須刈岳

先日、ブログ内で「須刈岳」を検索してもヒットしません。
どうして?と思っていましたらこのブログを始める前の撮影ということでした。
12年前の撮影ですが、記録メモということでアップさせて頂きます。

この頃は夜行列車の「ムーンライトえちご号」も臨時ながらまだ走っていて
会社の唯一の休日休み、第一日曜日に日帰りで行ってます。

上野尻駅から徒歩で駅前集落を抜けるとどうやら一匹犬が後を付いて来てます。
国道49号を越えると山道に積雪が。
この時期ですからスノーシューを履きます。
初めての立ち位置、地図は持ってきているものの雪のせいで登山道は全くわからず直登。
犬も一定の距離を保ちながらも付いて来ます。
ピーク直前はかなりの急登で木につかまりながらもよじ登ります。
ここで犬は横並び。細いツボ足ながらも早いですね。

上野尻駅を降りてからSLが来るまでは2時間ほどありましたので余裕があったようですが
帰りは1時間しかありません。
急いで降りたせいか犬がどうなったのか記憶にはありません。
犬にしてみれば毎朝の散歩程度だったのかとも思いました。
ついてきてくれたおかげで熊の心配はありませんでした。  

須刈岳
撮影:2010/4/4 磐越西線 徳沢-上野尻 SLばんえつ物語号

この日駅撮りした国鉄型金↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

下川井

只見川と阿賀川の合流地点を過ぎる辺りまで
即ち舘の原踏切を過ぎると煙もスパッツと切れるのは寒い時期だけ。
拡大してよく見ると煙は微かに見えます。

下川井2
撮影:2022/5/29 磐越西線 山都-荻野 SLばんえつ物語号

一の戸橋梁は↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

下川井

こう暑くては煙も発車しか望めないということで
Tさんのリクエストもあり、久々の立ち位置となりました。

しかしながら途中の尾根道も獣も通らずで藪漕ぎがが大変でした。
そして帰りはもっと大変なこととなってしまったのです。

下川井
撮影:2022/5/29 磐越西線 山都-荻野 SLばんえつ物語号

磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>