FC2ブログ

山間の蒸機

雲海の星による復活蒸機撮影行と山登りの記録メモです。

330m 揚津

10日の復路です。
日の入りはまだですが、この時期だと陽は入りません。
空は少しだけ焼けて来ています。


20191110  330m 揚津
撮影:2019/11/10 磐越西線 荻野-尾登

もう一台のカメラは↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

752m 棒掛山

10日のばんえつは曇り空予報でしたので登ることとしました。
しかしこの時期の棒掛山は殆どが藪漕ぎ、ガレ場急登ありということで3時間近くもかかってしまいました。
それでもこの煙が見られるんですから・・
※画像は合成です。手前の山に日が差した時の画像とSL通過時の画像を合成しています。


20191110  752m  棒掛山
撮影:2019/11/10 磐越西線 鹿瀬-日出谷

実際の絵はこちら↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

360m 松原利田

9日復路は曇り空との予報から気温も下がってきたことですし
こちらでたなびく白煙を期待しましたが、ご覧の通り。
朝方見ることが出来た飯豊の雪は解けてしまったようです。
20191109  360m 松原利田2
撮影:2019/11/9 磐越西線 荻野-尾登 

朝方の豊実での雲海写真とこの後の絵はこちら↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

550m 前山脇02

9日10日はばんえつで秋を堪能して来ました。
まずは初日往路です。
当日予報で晴れるとのことなので棒掛を諦めてこちら側に来てみたものの
晴れたり曇ったりの中途半端となってしまいました。
前山は手前の木々がうっとおしくなりましたので少し場所を変えてみました。
20191109  550m  前山脇
撮影:2019/11/9 磐越西線 日出谷駅

この前の絵は↓
続きを読む
磐越西線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

100m 浜新保

羽越試運転の締めくくり。
秋の運行は初めてということで期待も大きかったのですが、
なかなか天候は思うようにはなりません。
せめて訓練運転(試運転)があっただけでもよしとします。
また来年に期待です。
20191030  100m  浜新保
撮影:2019/10/30 羽越本線 桑川駅発車
羽越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

50m 小岩川

羽越試運転往路2本目は前回と同じ立ち位置。
ワンパターンとなりつつありますが、小岩川駅を出て住吉山トンネルのサミットまで10‰の登り勾配となりますので
やむを得ません。
もっと山側に移動してみたいとも思うのですが、現ダイヤではここが精一杯です。
20191026  50m 小岩川
撮影:2019/10/26 羽越本線 小岩川駅
羽越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

110m 五十川

試運転往路3本目の立ち位置です。
2年前に撮影後、誰も入っていないせいか入口の藪漕ぎは凄かった。

20191029  110m 五十川
撮影:2019/10/29 羽越本線  SL快速SL日本海美食旅 試運転
羽越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

845m 神楽沢2

先日の釜石線の引いたバージョンです。
大きくは2か所ほど画像修正しています。

今日は紅葉も進んでいい感じになっていることでしょう。
20191027  845m  神楽沢2
撮影:2019/10/27 釜石線 上有住-足ヶ瀬
釜石線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

60m 鳥小屋

ばんえつのカン付きなのでサイドから狙いましたが思惑とはかなり違ってしまいました。

右手には大岩川トンネルがあるのですが、罐はこの中で空転を起こして停車してしまい、引き出しを行いました。
訓練運転なのでそんな設定があったこどうか定かではありませんが、発車直後にしてはしょぼい煙となりました。
海からの風も強かったのでこんなもんで良かったのかも知れませんが・・
※大岩川トンネルでは出口に向かって10‰の登り勾配となっており今回の運行区間では一番きつい勾配となっています。

20191029 60m  鳥小屋
撮影:2019/10/30 羽越本線 あつみ温泉-小岩川 SL快速SL日本海美食旅 試運転

少し前の絵はこちら↓
続きを読む
羽越本線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

240m 釜の脇上

26日の返しです。
ここは全く紅葉はダメですが、白煙が良かったです。
この時期、曇天ならばと選択した立ち位置。
かなり暗くなって来ています。

20191026 240m  釜の脇上
撮影:2019/10/26 磐越西線 荻野-尾登
磐越西線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>